昭和52年の台風17号

災害年月日
1977年08月25日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和52年(1977)8月25日、台風7号は九州南部を横断し、足摺岬の西南西海上で停滞後、熱帯低気圧となり、やがて高知県をかすめながら土佐湾を東北東に通過した。須崎市では安和、浦ノ内、上分などの各所で道路の決壊、土砂流出、浸水などが起きた。被害は、床上浸水1戸、床下浸水10戸(上分9戸、須崎1戸)、道路決壊と堤防決壊が各1箇所(上分)に及んだ。23日から24日正午までに199ミリの雨量を観測した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、247頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 熱帯低気圧 堤防決壊 道路決壊
NO.
高知5561

よく似た災害

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)6月7日、梅雨前線に伴う集中豪雨で、須崎市で床上浸水18戸、床下浸水168戸などの被害が出た。特に押岡では数十年ぶりの大洪水とな... 続きを読む

昭和53年の台風18号

昭和53年(1978)9月、台風18号が襲来し、床下浸水家屋157戸、漁港護岸の決壊、田畑の海水浸水などの被害を受けた。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起きた。香川県では、死者52人、負傷者273人、全壊家屋608戸、半壊2,409戸のほか、埋... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、具同の水位は18時に8m24cmとなった。河川護岸の決壊、根固の流失を生じた。一般被害は浸水面積6... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月7日、台風6号。床上浸水31戸、床下浸水84戸、道路決壊1箇所。 続きを読む