平成4年の台風11号

災害年月日
1992年08月18日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
平成4年(1992)8月18日、台風11号が宮崎県と大分県との県境に上陸し、須崎市も大雨に見舞われた。須崎市の被害は道路8箇所、河川4箇所、水田の冠水19.1haなどであった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、252頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨
NO.
高知5581

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、須崎では午後1時から2時間で165ミリという記録的な集中豪雨に見舞われて、桜川の決壊で土崎、妙見町、... 続きを読む

平成10年の台風7号

平成10年(1998)9月24日午後1時過ぎ、台風7号が和歌山県御坊市付近に上陸し、近畿地方を北上し、夜半に日本海へ抜けた。高知県では集中豪雨となり、... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日に降り出した台風17号による雨は、12日に県中部に集中豪雨をもたらした。南国市の雨量は830ミリに達した。稲生、片山、朝... 続きを読む

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日、台風10号により、床上浸水1戸(九町)、床下浸水21戸(各地区)、崖崩壊2箇所(湊浦、川永田)、道路冠水1箇所(豊... 続きを読む

平成10年の高知豪雨水害

平成10年(1998)9月24日から25日にかけて秋雨前線により、高知県の中部一帯は記録的な集中豪雨に見舞われた。このため、河川堤防からの越流、主要道... 続きを読む