明治17年の高潮

災害年月日
1884年08月25日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
高潮  
概要
明治17年(1884)8月25日、台風による高潮のため、新田開発でつくられた大可賀の集落を護っていた堤塘が決壊し、53人が亡くなった。御名号堂という地元のお堂には「明治拾七年大暴風雨津浪惨状之図」と書かれた絵額が奉納されている。高潮被害から三回忌に大可賀に供養塔が建立された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、59-60頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
高潮 台風 大可賀 死者
NO.
愛媛9119

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、西日本を襲った台風は高潮による被害をもたらした。中でも温泉郡山西村の大可賀新田では、午後11時頃、高潮のため北西の堤... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日、大水により、「江尻の井流(ゆな)」と呼ばれる樋門が流亡した。日高村本郷父原のお宅の床板裏面には「嘉永弐乙酉七月十日大洪... 続きを読む

明治11年の高潮

明治11年(1878)9月8日から27日まで時々高波、高潮が起こり、上福井の出島近辺などでは耕地が潮入となって、地味を害して農作物に被害が出た。 続きを読む

万延元年の高潮

万延元年(1860)7月28日、北谷繁蔵記録によると「浪高で海辺はことのほか大痛み」と記され、高潮が襲来したらしい。このため、橘や鵠の土手が残らず崩れ... 続きを読む

明治25年の高潮

明治25年(1892)大雨についで津波が押し寄せ、2回にわたり堤防を越して、高潮が渭東一帯を泥海と化した。2回目の来襲の時は、床上に浸水し、座敷におい... 続きを読む