安政元年の地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日午後4時、地震が起こり、7日に最も激しい地震があった。人々は三本松などに避難した。5日午後6時頃、津浪が押し寄せて、400石船が宮内清水町まで押し上げられ、内之浦の河内屋の住吉丸800石積が川之石本町中之島に打ち上げられた。地盤亀裂、家屋倒壊は多かったが、死傷者はなかった。(「保内町誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、69頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 津波 地盤亀裂 保内町誌
NO.
愛媛9123

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、土佐沖を震源とする大地震により、死者3,000人。(「大日本地震史料」による)5日午後4時に地震が起こり、7日に最も震... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、土佐沖を震源とする大地震により、死者3,000人。(「大日本地震史料」による)5日午後4時に地震が起こり、7日に最も震... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)、伊豆、相模を震源とする大地震により7日7夜、大津波があり、立江と櫛渕の境まで津波で魚が打ち上げられ、拾う人が多かったという。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、大地震が発生し、余震が7日7夜続いた。住民は竹藪に逃れて日夜をあかしたという。津波は城辺町の海岸をなめつくし、満倉橋から満... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日辰刻(午前8時)、地震が発生したが、岸本浦の地曳網が流されたり、夜須浜で潮の変調が感じられる程度であった。翌5日七ツ時(... 続きを読む