昭和17年9月の台風

災害年月日
1942年09月21日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和17年(1942)9月21日、台風が高知県須崎付近から上陸し、多度津から兵庫に出た。徳島県では17日から雨が始まり、21日には剣山東斜面の多雨域で400ミリとなった。総雨量は中央部山岳地帯が500ミリ、最少の県南海岸は250ミリ程度であった。被害は行方不明1人、家の全壊1戸、床上浸水64戸、床下浸水1,184戸、橋流失2箇所、耕地浸水380町に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 行方不明
NO.
徳島7978

よく似た災害

昭和17年9月の台風

昭和17年(1942)9月21日、台風が高知県須崎付近から上陸し、多度津から兵庫に出た。徳島県では17日から雨が始まり、21日には剣山東斜面の多雨域で... 続きを読む

昭和17年9月の台風

昭和17年(1942)9月21日、台風が高知県須崎付近から上陸し、多度津から兵庫に出た。徳島県では17日から雨が始まり、21日には剣山東斜面の多雨域で... 続きを読む

明治30年の台風

明治30年(1897)9月27日~29日、台風による大雨のため出水。県内雨量は27日津呂で144ミリ、28日窪川で235ミリ、中村で204ミリ、29日... 続きを読む

昭和29年のジューン台風

昭和29年(1954)9月13日15時頃、台風12号(ジューン台風)が鹿児島県南岸に上陸した。雨は四国南部では12日朝から、四国北部では12日夕方から... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月11日、梅雨前線が南下したため県下各地で大雨が降り、喜多郡地方の道路で一部被害があった。雨量は大体50ミリ程度であったが、所... 続きを読む