昭和18年7月の台風

災害年月日
1943年07月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月24日、台風の衰えたものが愛媛県を北上した。徳島県の雨は台風が南方にある18日から始まり、多雨地では20日から100ミリ以上の日雨量を計測し、特に24日~25日は400ミリ以上の所があった。総雨量は最多域の那賀川中流から下流にかけて800ミリ、最少域の吉野川流域は300~400ミリだった。被害は家の全壊1戸、床上浸水46戸、道路6箇所、堤防6箇所、橋流失4箇所、田畑浸水4,589町、木材流失1,500石に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨
NO.
徳島7980

よく似た災害

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風の衰えたものが愛媛県を北上した。徳島県の雨は台風が南方にある18日から始まり、多雨地では20日から100ミリ以上... 続きを読む

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風の衰えたものが愛媛県を北上した。徳島県の雨は台風が南方にある18日から始まり、多雨地では20日から100ミリ以上... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日6時、台風が室戸の西に上陸し、9時頃多度津付近から中国に抜けた。雨は12日から始まり、剣山の南北斜面で200ミリ以上降... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日6時、台風が室戸の西に上陸し、9時頃多度津付近から中国に抜けた。雨は12日から始まり、剣山の南北斜面で200ミリ以上降... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日6時、台風が室戸の西に上陸し、9時頃多度津付近から中国に抜けた。雨は12日から始まり、剣山の南北斜面で200ミリ以上降... 続きを読む