昭和50年2月の大雪

災害年月日
1975年02月21日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
昭和50年(1975)2月21日夜から23日にかけて、寒波の来襲により県西部では大雪となった。バスは運休、小・中学校は臨時休校の所が出た。配電線の切断(88箇所)、電柱1本折損のため、延べ31,400戸が停電した。(四国電力調べ)積雪は21日9時に穴吹8cm、池田11cm、鴨島6cmで、22日9時には穴吹22cm、岩倉17cm、池田10cm、鴨島7cm、京上21cmで、23日9時には京上33cm、穴吹10cmであった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、206頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 バス運休 臨時休校 停電
NO.
徳島8083

よく似た災害

昭和50年2月の大雪

昭和50年(1975)2月21日夜から23日にかけて、寒波の来襲により県西部では大雪となった。バスは運休、小・中学校は臨時休校の所が出た。配電線の切断... 続きを読む

昭和50年2月の大雪

昭和50年(1975)2月21日夜から23日にかけて、寒波の来襲により県西部では大雪となった。バスは運休、小・中学校は臨時休校の所が出た。配電線の切断... 続きを読む

昭和50年2月の大雪

昭和50年(1975)2月21日~23日の大雪により、県西部ではバスは運休、小・中学校は臨時休校のところが出た。配電線の切断により、電柱が折損し31,... 続きを読む

昭和57年7月の落雷

昭和57年(1982)7月29日、梅雨明け直後に積乱雲が発達して各地で発雷し、落雷による被害が多発した。四国電力徳島営業所の調べによると、18時5分頃... 続きを読む

昭和57年7月の落雷

昭和57年(1982)7月29日、梅雨明け直後に積乱雲が発達して各地で発雷し、落雷による被害が多発した。四国電力徳島営業所の調べによると、18時5分頃... 続きを読む