昭和63年7月の濃霧

災害年月日
1988年07月10日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
その他(濃霧)  
概要
昭和63年(1988)7月10日~11日、濃霧が発生し、船舶の事故が相次いだ。10日6時25分頃、貨物船が大鳴門橋近くの中瀬に乗り上げて座礁した。小松島海上保安部の調べによると、事故当時の海域の視程は約50mの濃い霧につつまれていた。また、11日7時前、鳴門市大磯崎灯台の東約4.6kmの鳴門海峡で、貨物船199トンとタンカー167トンが衝突して両船とも小破し2人が負傷した。小松島海上保安部の調べによると、事故当時の視程は約200mであった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、275頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
濃霧 船舶衝突 鳴門海峡
NO.
徳島8147

よく似た災害

昭和63年7月の濃霧

昭和63年(1988)7月10日~11日、濃霧が発生し、船舶の事故が相次いだ。10日6時25分頃、貨物船が大鳴門橋近くの中瀬に乗り上げて座礁した。小松... 続きを読む

昭和31年3月の濃霧

昭和31年(1956)3月25日1時50分頃、濃霧のため、牛島付近で汽船(230トン)の乗場事故があった。(高松海上保安部「海難資料」による) 続きを読む

昭和32年7月の濃霧

昭和32年(1957)7月2日22時30分頃、濃霧のため、志度町沖で機帆船(19トン)が乗り上げ、浸水した。(高松海上保安部「海難資料」による) 続きを読む

昭和31年5月の濃霧

昭和31年(1956)5月28日2時43分頃、濃霧のため、高見島付近で汽船(894トン)が乗り上げた。(高松海上保安部「海難資料」による) 続きを読む

昭和31年6月の濃霧

昭和31年(1956)6月1日23時30分頃、濃霧のため、小豆島付近で機帆船(6トン)と機帆船(14トン)が衝突した。(高松海上保安部「海難資料」によ... 続きを読む