大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月21日
市町村
香川県さぬき市(志度町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)9月21日午後4時30分~23日午前5時30分の間に、高松港務所で229.2ミリの雨量を記録した。志度では房前海岸の山が崩れ落ち、東讃電鉄(今の琴電)の軌道が埋没したほか、鴨部地区では甑山から鴨部下庄村に至る鴨部川の堤防中、川田地区で88間、中空地区で46間をはじめ、西山、鳥田、尻切、横井(そうめんや)、猿橋の各堤防が決壊し、濁水が鴨部平野に流れた。鴨部村では伝馬船を雇い、住民の救助等にあたった。鴨部小学校誌によると、小学校は床上5尺余浸水したという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡村信男著「志度風土記」(志度町、1984年)、45-46頁及び73-74頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 豪雨 鴨部川 伝馬船 鴨部小学校
NO.
香川929

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃まで、連続してどしゃ降りの豪雨となり、鴨部川にかかる広瀬橋、乙井橋、地蔵川橋、鴨庄橋などの... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃まで、連続してどしゃ降りの豪雨となり、鴨部川にかかる広瀬橋、乙井橋、地蔵川橋、鴨庄橋などの... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日朝、台風に伴う雨により、大谷川上流の北庄用水取水口付近で山崩れが起こり、大谷川がせき止められたが、午後8時頃に土砂が一斉... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃までの豪雨により、雨量は300ミリに及び、県下至る所で出水、河川の増水、堤防決壊、橋や人家... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月21日、森本堤防に突き当たった水は内田の小川堰堤を決壊し、造田小学校運動場を洗ったが、三本松から学校までの二重堤防で防ぎ大事に... 続きを読む