宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
香川県木田郡
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、未の時地大に震い、地は裂け、水が湧出した。河海の砂地では特に甚だしかった。五剣山の東の一峯が崩落して、その音響は遠くまで聞こえた。墓石は悉く倒れ、井筒はみな突き出し、家屋の壁が傾かなかったものはなかった。翌日から余震が度々起こり、海潮は多く満ちて通常より5、6尺高く、堤が破れたものが多かった。また、流言があり、近日また大震があり、高汐が来ると人々は恐れて、仮屋をつくり、米を携えて、海汐が来たら山に逃げようと用意していた。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木田郡史編纂部編「木田郡史」(木田郡教育部会、1940年)、174頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 五剣山 津波
NO.
香川1113

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の刻に強震があり、津波が起こり、第二震があった。第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたという。5日夕方申... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。宍喰浦旧記によると、10月4日巳下刻に大地震があり、人々が愛宕山に逃げ上っていると... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により五剣山の一峰が崩れた。民家の倒壊が多く、その後もたびたび小地震が起こり、潮汐が常より数尺も高く寄せてきたた... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震があり、津浪のため、御家中の中ほどまで潮入したほか、道路が亀裂し、建物が破損した。余震が続いたため、宗純は医王寺... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震があり、特に伊勢、紀伊、土佐、阿波国等太平洋岸では異常な高汐が押し寄せ、海岸地方の被害は特に激甚であった。この時、... 続きを読む