昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年06月30日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)6月30日から9月9日までの72日間の雨量は36.4ミリであった。県下のため池はほとんど水がなく、田面も枯渇し、亀裂を生じて枯死する水稲が続出した。被害は水稲だけではなく、甘藷、野菜、工芸作物などすべての作物に及び、被害農家戸数は県内で68,000戸に上った。さらに伏流水の枯渇により、海岸に近い水田などは塩水の侵入などがあり、塩害が重なった。木太地区でも、甚大な被害を受け、ほとんど収穫皆無であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
木太町郷土誌編集委員会編「木太町郷土誌」(木太町郷土誌を作る会、1995年)、522-524頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 塩害
NO.
香川1298

よく似た災害

昭和12年の干ばつ

昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では2... 続きを読む

昭和12年の干ばつ

昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では2... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、木太町で干ばつ。甚大な被害を受け、ほとんど収穫皆無であった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、春から降雨少なく、8月にわか雨程度で135日余りほとんど雨なく、惨状甚だしかった。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から8月にかけて降雨がほとんどなく、干ばつが続いた。 続きを読む