昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、干ばつのため、8月に陸軍が200発の実弾射撃をして雨乞い。稲作収穫皆無の田地も多大。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
川島郷土誌編集委員会編「川島郷土誌」(川島校区地域おこし事業推進委員会、1995年)、717頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 実弾射撃
NO.
香川1313

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日に雨が降ってから、7月13日まで約60日間干ばつとなった。この日の雨で、一斉に農家は田植えを行った。その後、48日間の日... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月14日~7月13日まで干ばつ。その後48日間降雨なく、善通寺砲隊も実弾射撃を雲辺寺原射撃場で行い気象変化を起こす努力をしてくれ... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつにより、稲作の収穫が減収し、中には皆無の田地もあった。 続きを読む

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)8月、干ばつ。農作物は40年来の不作で稲作は収穫皆無の田地300町歩に及んだ。 続きを読む

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)8月、干ばつ。農作物は40年来の不作で、島内稲作の収穫皆無の田地は300町歩に及んだ。 続きを読む