明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)、干害のため、高松藩内で55,000石余の立枯田が出たと記録されている。この水不足のため、7月1日に寺井村の百姓50余人は大野の案内出水を急襲し、出水の堰を切り落とそうとした。大野の百姓も防戦に努めたが、大野の百姓2人が殴り倒され、負傷したと岡村記に記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
一宮郷土誌編集委員会編「さぬき一宮郷土誌」(一宮郷土誌編集委員会、1990年)、258頁及び267頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 寺井村 大野 案内出水 水争い
NO.
香川1386

よく似た災害

明和9年の干ばつ

明和9年(1772)、異常な干ばつで、大野の百姓と川東村の百姓が、小箱出水で乱闘騒ぎの水喧嘩を行った。 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、阿波国、干ばつで、御地高131,900石御損毛。(「阿淡年表秘録」による)この明和の不作に板野郡板東村の百姓一同が窮乏のため拝借... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、宇和郡の百姓、袖乞いに出る者多し。 続きを読む

明治9年の風水害

明治9年(1876)、大風水害により、被害が甚大であったと伝えられているが、これを具体的に示す記録は残っていない。慶応2年(1866)に有同村の百姓が... 続きを読む

明和7年の干ばつ

image

明和7年(1770)、干ばつのため、北浦八幡宮(現喜多浦八幡大神社)に雨乞いの記録が保存されている。 続きを読む