大正12年6月の雷雨

災害年月日
1923年06月20日
市町村
香川県
災害種類
風水害  土砂災害  その他(落雷)  
概要
大正12年(1923)6月20日、木田郡十河村、香川郡鬼無駅、綾歌郡羽床村、その他数箇所に落雷があり、死者1人が出た。3時23分より8時までの雨量は92ミリに達し、高松市以西の各地で出水のため浸水被害が多く、鉄道は一部不通となった。また、断崖の崩壊で2人が惨死した。(気象庁「気象要覧」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、30頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
落雷 死者 洪水 崖崩れ 気象要覧
NO.
香川1440

よく似た災害

大正4年6月19日の雷雨

大正4年(1915)6月19日、香川県下では落雷のため、死者3人、全焼家屋1戸の被害が出た。また、降雹のため、農作物に被害があった。(気象庁「気象要覧... 続きを読む

明治37年11月の雷雨

明治37年(1904)11月5日、強風と降雹のため、農作物に被害。(「高松市史年表」による) 続きを読む

大正3年8月の雷雨

大正3年(1914)8月4日15時~18時、四国地方の各地で雷雨があり、大川郡では落雷により、山林2ha余りを焼いた。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

昭和8年6月の雷雨

昭和8年(1933)6月28日、雷雨により、死者4人、負傷者1人、家屋、電柱、家畜に被害があった。電車は一時運転を中止した。高松市内では床下浸水100... 続きを読む

大正2年12月の雷雨

大正2年(1913)12月7日14時頃、松山、新居浜、多度津、岡山、神戸等で強烈な雷雨があり、各地で降雹があった。また、多度津地方では落雷もあった。(... 続きを読む