安政元年6月の地震

災害年月日
1854年07月08日
市町村
香川県まんのう町(満濃町)
災害種類
風水害  地震・津波  
概要
安政元年(1854)6月14日、讃岐地方に強震があった。この地震で堤防の地盤が緩んだのか、石樋の仕替え普請がずさんであったのか、7月5日午後2時頃、樋外の石垣から水が漏れているのを池守が発見した。翌日から水漏れを防ぐための対策を講じられ、9日には高松・丸亀両藩から人夫400人を出して300俵の土俵を孔口に投入したが効果がなく、ついに決壊した。数日の漏水で池の水が減少していたので、人畜への被害は少なかったが、肥沃であった耕地は一瞬にして赫土と化した。(「満濃池概記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、96頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 漏水 満濃池決壊 満濃池概記
NO.
香川1509

よく似た災害

安政元年6月の地震・大雨

image

安政元年(1854)6月の地震により、満濃池の大樋管の側壁に亀裂が生じて水が噴出し始めた。修理できぬうちに大雨により、ついに樋底からの漏水が次第に増大... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月、大地震が起こった。余震が続く中、南の尾根や峠を越えて大津波が佐川の盆地に襲うという流言が伝わり、狼狽した村人は食料、家財を... 続きを読む

安政元年6月の地震・大雨

image

安政元年(1854)6月、地震あり。榎井村の庄屋・長谷川喜平太らが数年を費やして改築した満濃池の樋管から水が噴出し、さらに大雨により漏水が増大して防ぐ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む