大正13年の干ばつ

災害年月日
1924年00月00日
市町村
香川県まんのう町(満濃町)
災害種類
渇水  
概要
大正13年(1924)、干ばつのため、満濃池の水掛かりは1,120町歩が被害を受け、減収高は11,322石に達した。この干ばつを契機に、満濃池水利組合は満濃池の嵩上げ等の計画を立て、昭和3年(1928)から昭和5年にかけて第二次嵩上げ工事を実施した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、105-106頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 満濃池 嵩上げ工事
NO.
香川1511

よく似た災害

大正2年の干ばつ

image

大正2年(1913)8月、干ばつのため、満濃池の底樋(証文閘)を抜く。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、大干ばつのため、満濃池の水掛かりは徹底的な被害を受けた。丸亀平野の南部にはある程度かんがい用水を提供することができても、北部に... 続きを読む

明治27年の干ばつ

image

明治27年(1894)、干ばつのため、135日間降雨が皆無であった。この後も数回干ばつの被害を受け、満濃池では堤防を3尺嵩上げするための工事が明治38... 続きを読む

弘仁9年の洪水

image

弘仁9年(818)、洪水により満濃池の堤防が決壊した。このため、当時京都にいた高僧空海が派遣され、弘仁12年に空海は満濃池の修築を完成させた。 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)、大干ばつ。満濃池証文ユルを抜く。(「香川県大百科辞典」による) 続きを読む