大正13年の干ばつ

災害年月日
1924年00月00日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
渇水  
概要
大正13年(1924)の夏は空梅雨で、7月に入っても一滴の雨もなく、池は涸渇し飲料水にも事欠く状況であった。このため、新池築造を待望する農民の活動は活発になり、これを受けて田野々池(豊稔池)築造の動きが本格化することになった。県営田野々池築造工事は大正15年3月に起工し、昭和4年11月に竣工した。新池は豊稔池と命名された。
地理院地図
Googleマップ
備考
大野原町の豊稔池堤防上には「豊稔池碑」が建立されている。
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、114-116頁及び131頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 田野々池 豊稔池
NO.
香川1514

よく似た災害

大正9年の干ばつ

image

大正9年(1920)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は大... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は... 続きを読む

明治27年・28年の干ばつ

image

明治27年(1894)と明治28年(1895)、干ばつが激しく、大野原村は土地が高燥であるため、殊に被害が甚だしかった。このため、大貯水池築造の計画が... 続きを読む

大正11年の干ばつ

image

大正11年(1922)、南伊予村は大干ばつで、翌大正12年は大水害と2年連続の災害を被った。南伊予村村長の武智惣五郎は、大正12年に大谷川を堰き止めて... 続きを読む

寛文2年の干ばつ

image

寛文2年(1662)、大干ばつに見舞われた。田はひび割れ、稲は枯死して収穫はゼロであった。ところが、築造から7年間の平屋池を持つ井ノ口新田は、平年作を... 続きを読む