寛文8年の干ばつ

災害年月日
1668年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
寛文8年(1668)、大干ばつに見舞われ、奈良須池辺りの地域の被害は激甚であったという。この年には、藩主自ら百々淵(香川町鮎滝)の竜神に雨を祈願し、ひそかに領内の被災地を検分して回った。この時、主君に随行したのが山崎村(現高松市西山崎町)の御蔵奉行前田与三兵衛であり、与三兵衛は惨状を目撃して、奈良須池の築造を決意した。奈良須池は、与三兵衛と農民たちの苦役と奉仕によって、寛文10年(1670)に完成した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像

参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、964頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 奈良須池
NO.
香川1545

よく似た災害

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、大干ばつに見舞われ、奈良須池辺りの地域の被害は激甚であったという。 続きを読む

承応3年の干ばつ

image

承応3年(1654)、大干ばつに見舞われ、奈良須池辺りの地域の被害は激甚であったという。 続きを読む

寛文2年の干ばつ

image

寛文2年(1662)、大干ばつに見舞われた。田はひび割れ、稲は枯死して収穫はゼロであった。ところが、築造から7年間の平屋池を持つ井ノ口新田は、平年作を... 続きを読む

寛永7年の干ばつ

image

寛永7年(1630)、天久しく雨を下さず、枯旱焚くが如く、田面多くは亀裂して穀禾登らず、郷民大に憂色あり。/この干ばつにより、片平村の稲田は収穫を見込... 続きを読む

寛文8年の干ばつ

寛文8年(1668)夏大日照り、安原百々渕に雨乞いをして3日目に雨が降った。(「高松市史年表」による) 続きを読む