昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、大干ばつ。この時には、新池神社の二宮神官が一週間高塚山の山上でお籠もりし雨乞い祈願をした。その期間中、新池掛かりの水親は交代で社前で大火焚きをし、満願の日には農家の人たちが松明を持って峰を歩いた。これは山で雨乞いの火を焚くと竜が天に昇り、雨を降らせるという竜神信仰によるものである。
地理院地図
Googleマップ
参考画像

参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、1041-1042頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 新池 高塚山 雨乞い祈願 竜神信仰
NO.
香川1549

よく似た災害

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、干ばつ。国司菅原道真が城山神社で7日7夜の断食で雨乞いの祈願をした。満願の日になって、雷鳴とともに雨が降り出し、3日3晩にわたっ... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)は例年の半分しか雨が降らず、大干ばつとなった。7月23日、香川県藤岡長敏知事は滝宮天満宮で雨乞い祈願をし、8月1日より3日間城山... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、6月15日から9月11日まで雨らしい雨がなかった。川島地区でも四箇池掛かり以外では田植えのできなかった田もあった。田植えのでき... 続きを読む

寛文3年の干ばつ

image

寛文3年(1663)7月、大山寺、久万で雨乞い踊り、道後八幡で雨乞い。(「松山叢談」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで雨らしいものがなく、五穀不作、各所で雨乞いをした。 続きを読む