大正11年の干ばつ

災害年月日
1922年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
大正11年(1922)、干ばつのため、一宮村、三名村、鹿角村の三か村のほとんどの水田が収穫皆無となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、389頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 一宮村 三名村 鹿角村
NO.
香川1573

よく似た災害

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、木太町で干ばつ。甚大な被害を受け、ほとんど収穫皆無であった。 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)9月14日、大洪水により堤防が決壊し、下井、高津、新田の一部が収穫皆無となった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月、月間の雨天日数が20~25日に達したため、被害は死者1人、家屋全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)8月、大旱害により、高津、中原、川古、西村等は収穫皆無となった。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)、干ばつのため、綾子踊りを行った。(「踊り歳控」による)池の水も涸れ、水田は白く乾燥したうえ大きな亀裂が生じた。葉が巻いてしまった... 続きを読む