大正元年の大雨

災害年月日
1912年09月23日
市町村
香川県高松市(塩江町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、香川県では約40時間にわたり降雨が続き、河川が増水氾濫した。このため、香川県下の被害は死者・行方不明179人、家屋の流失197戸、崩壊840戸、浸水9,589戸に上った。(「塩江町史」による)/この時の豪雨により、塩江町の蛸山が大崩壊し(土量約90万立米)、人家5戸が埋没、死者26人の被害が出た。この崩壊土砂は内場川を一時堰き止め、小さな天然ダムを形成したと考えられるが、天然ダムの決壊による下流の被害記録は見当たらない。
地理院地図
Googleマップ
備考
蛸山大崩壊の慰霊碑が内場ダムの貯水池西側に建立されている。
参考画像
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、37頁及び43頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 死者 蛸山崩壊 天然ダム
NO.
香川1893

よく似た災害

大正元年の蛸山崩壊

image

大正元年(1912)、台風に伴う豪雨により、塩江町上西地区では蛸山山頂が大崩壊した。崩壊土砂量は約90万立米で、人家5戸と多くの家畜が埋没し、死者26... 続きを読む

天明8年の山崩れ

image

天明8年(1788)7月26日夜半、豪雨のため、物部村久保高井で大規模な崩壊(土量約220万立米)が発生し、被害は死者28人、流失・埋没家屋28軒に及... 続きを読む

明治25年の保勢の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、台風に伴う集中豪雨により、海部川中流右岸の保勢(保瀬)で大規模崩壊が起こり、4戸が埋没し、住民11人と山稼ぎ人36人... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、台風による豪雨のため、高磯山(標高611m)が崩壊し、流出した約400万立米の土砂により崩壊家屋15戸、死者65人の... 続きを読む