明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県中土佐町(大野見村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日、2、3日前から降り続いた雨は午前6時に大豪雨となり、正午過ぎに大洪水となった。増水は夕方6時頃まで続き、植林が根こそぎえぐり取られ、馬や家屋が流れ、人々は山や小高い丘に逃げ延びた。村内の被害は死者4人、死馬4頭、家屋の流失・損壊47戸、作物被害田6割、畑4割、橋全部流失、山津波大小6、7,000箇所に及んだ。増水位は安政5年の洪水の時よりも4尺~8尺高かったと言われている。高岡郡全体の死者は167人にのぼった。
地理院地図
Googleマップ
備考
猫滝に明治23年の水害記念碑が建立されている。
参考文献
大野見村広報「大野見」編集委員会編「おらが村だよ」(大野見村広報「大野見」編集委員会、1975年)、63-67頁及び247頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 豪雨 死者 山津波
NO.
高知576

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風に伴う大雨により、特に新荘川筋の出水は平水より7m余高く、堤防を決壊して田畑、人家を押し流し、上分、新荘地区に大... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日~8日、暴風雨により、水位が平水より10尺増水した。被害は田畑浸水数十町歩、家大破1戸、道路4箇所15~20県、橋の流失... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月24日、低気圧、不連続線により肱川で洪水、増水量8.60m。(県の量水標による)/肱川水系内の被害は死傷者131人、流失家屋... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)、石手川の洪水により、被害は甚大で、破堤は数箇所に及んだ。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月、重信川では洪水による被害は甚大で、破堤は数箇所に及んだ。 続きを読む