昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日早暁4時15分、M8.1の南海地震が起こった。高知県では地盤沈下、津波、堤防決壊等により、被害は死者679人、負傷者1,836人、家屋倒壊5,048戸、半壊9,906戸、流失566戸、浸水7,013戸、焼失196戸、田畑浸水3,000町歩、漁船流失2,389隻で、被害総額は30億円に及んだ。地盤変動については、東の室戸岬で1.2m、西の足摺岬で1mの隆起を記録し、両岬の間は隆起量が少なく、場所によっては沈下した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
沢村武雄著「日本の地震と津波ー南海道を中心にー」(高知新聞社、1967年)、58頁及び76-89頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 死者 地盤隆起・地盤沈下
NO.
高知648

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早暁4時15分、M8.1の南海地震が起こった。高知県では地盤沈下、津波、堤防決壊等により、被害は死者679人、負傷者... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、安芸郡では北部甲浦町で平均10cm余り、安芸町で平均20cm沈下し、南部では逆に隆起の傾向があり、... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こり、津波は房総半島から九州東岸に及んだ。土佐藩主から幕府への報告によると、被害は潰家2,939... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こり、津波は房総半島から九州東岸に及んだ。土佐藩主から幕府への報告によると、被害は潰家2,939... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、地震が発生した。地震動と津波による被害は県下全域に及んだ。足摺岬では0.6m、室戸岬では1.27m地... 続きを読む