宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月00日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月、南海大地震。いわゆる亥の大変と呼ばれる大地震で、土佐の国中で津波のため1,844人が死亡した。谷陵記によると「上ノ加江亡所汐ハ山迄」とあり、山際までの家はすべて流失し、廣埜神社や禅源寺も流された。上ノ加江の死者は不明だが、久礼では津波のため200人が死亡した。その時の潮は大坂谷、焼坂、長沢まで押し寄せ、八幡様の社が流され、町分の3分の2が海中に没したと言われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
写真集「中土佐の今昔」編集委員会編「写真集 中土佐の今昔」(中土佐町教育委員会、1980年)、136頁
情報源の種類
写真集
キーワード
宝永地震 津波 死者 谷陵記
NO.
高知734

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、土佐の国では海嘯のため2,000人が死亡したと言われる。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後2時、大地震が起こった。山は落ちて丘となり、川は埋まり、家が倒れ、下敷きになって死傷した人畜は数知れなかった。地震の... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

文禄5年の地震

文禄5年(1596)、大地震が発生した。京畿、四国、九州の被害が甚大であり、伏見城では573人が死亡、境の町では600人が死亡したと伝えられている。壬... 続きを読む