明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
高知県須崎市
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)夏、50日間編めなく、大干ばつ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、69頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
干ばつ
NO.
高知906

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏50日間雨なく、大干ばつ。 続きを読む

大正9年の干ばつ

大正9年(1920)5月13日から7月14日まで大干ばつ。また、8月から9月にも46日間雨なく大干ばつ。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月25日~8月4日、大干ばつで、松山の降水量は41日間で20ミリであった。明治24年、25年、26年と干ばつが打ち続き、赤痢流... 続きを読む

明治14年の干ばつ

明治14年(1881)7月16日以後、66日間降雨なく干ばつ。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、県下一円で大干ばつに見舞われ、旧3月7日以来、8月14日まで150日間降雨がなく、水田の多くが枯死した。 続きを読む