昭和63年の落石

災害年月日
1988年08月12日
市町村
高知県大月町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和63年(1988)8月12日午後2時20分頃、幡多郡大月町才角の国道321号で、道路沿いの山肌が突然崩壊し、落下した数戸の岩塊のうちの一つが走行中の乗用車を直撃し、同乗者1人が即死、運転者も重傷を負った。この研究では、落石によって死亡事故が発生した高知県内3箇所の現場を詳細に調査し、痕跡から落石の運動機構と落下軌跡を解明するとともに、落下軌跡から落石の跳躍量や落下速度の推定、及び斜面の立木が落石の跳躍量や落下速度に及ぼす影響の検討が行われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
右城猛・玉井佐一・明坂宣行・山岡幸弘・八木則男「高知県における落石災害と落石の運動特性」(土木学会編「土木学会論文集No.581」土木学会、1997年、所収)、39-48頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
落石 大月町才角 国道321号 死者
NO.
高知1106

よく似た災害

昭和63年の落石

昭和63年(1988)8月11日午前8時20分頃、安芸郡北川村二股で、県道東洋安田線を国道439号に向かって走行中の軽トラックを推定1.0トンの落石が... 続きを読む

平成8年の落石

平成8年(1996)3月2日午前7時50分頃、安芸郡北川村島で、県道東洋安田線を国道439号に向かって走行中の普通乗用車が推定重量10トンの落石が直撃... 続きを読む

平成2年の落石

平成2年(1990)10月8日午前10時頃、鳴門市北灘の国道11号で落石災害が発生し、17人の死傷者(死者3人)が出た。落石防止柵のコンクリート天端よ... 続きを読む

平成9年の落石災害

平成9年(1997)4月10日早朝、一宇村の土釜地区で落石災害が発生した。この落石は標高510m付近を発生源とし、斜面長350m、平均幅20m、高低差... 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

image

昭和43年(1968)4月1日午前9時43分、地震が発生した。下田岸壁が50mにわたり幅10cmの亀裂・陥没を生じ、入田・中村・佐岡堤防が5箇所754... 続きを読む