昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年07月05日
市町村
徳島県勝浦町
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)7月5日から8月9日にかけて35日間に及ぶ干天で、大正2年(1913)以来の大干ばつと言われる。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
勝浦町史編集委員会編「勝浦町前史」(勝浦町、1977年)、515頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島416

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、大干ばつ。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)7月~8月の30日間、干天が続き、干ばつとなった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月25日から8月21日にかけて、60日間の大干ばつにより、水田に亀裂が生じた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和15年の干ばつ

昭和15年(1940)6月、干ばつ。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和7年の干ばつ

昭和7年(1932)7月、干天により稲作被害は甚大であった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む