永正9年の津波

災害年月日
1512年09月00日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
永正9年(1512)8月、津波により宍喰で被害があったことが「宍喰浦旧記」に記されている。しかし、同月には他地方で大地震の記録が残っていないため、これは暴風雨による海嘯であると信ずる。宍喰浦旧記は、後世の作でもあり全部正確なものとは信じがたい。人数も多すぎるようである。「永正九年八月洪浪入り宍喰浦中残らず流失、所之城山へ逃げ上る者数十人なり、南橋より向の町分残らず流失、しかれども此所山近き故多くの人死これ無く南町の男女凡三千七百余人死亡、助命の者都合一千百余人・・・・」。
地理院地図
Googleマップ
備考
宍喰の愛宕山は今も津波避難場所になっている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部郡誌刊行会編「海部郡誌」(海部郡誌刊行会、1927年)、26-27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
津波 宍喰浦旧記 城山 死者
NO.
徳島538

よく似た災害

永正9年の津波

永正9年(1512)8月4日、海部郡宍喰浦は津波被害を受けた。この日、近国の地震や風水害もないので、外国地震による津波かもしれない。「海部郡誌」には「... 続きを読む

永正9年の津波

image

永正9年(1512)8月、津波。宍喰浦旧記によると、宍喰南町男女3,700余人死亡。 続きを読む

永正9年の津波

image

永正9年(1512)8月、津波により宍喰浦は残らず流失し、老若男女3,700余人が死亡した。(牟岐東浦の津田屋喜右衛門「地震津浪嘉永録」による) 続きを読む

永正9年の津波

永正9年(1512)8月4日、津波。ただし、この日は地震も風水害もなく、あるいは外国地震による津波か。「宍喰浦旧記」には「八月洪浪入みち右所の分残らず... 続きを読む

永正9年の津波

永正9年(1512)8月4日、津波。「宍喰浦旧記」には「八月洪浪入みち右所の分残らず流失いたし候、其節所の城山へにげ上がる者数十人なり、南の橋より向の... 続きを読む