安政2年の干ばつ

災害年月日
1855年07月00日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
渇水  
概要
安政2年(1855)6月、大干ばつのため郡代尻役所より雨乞いをするよう仰せ付けられる。(「敷太家記録」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1079頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 敷太家記録
NO.
徳島635

よく似た災害

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)6月、干ばつのため、田井稲荷明神にて雨乞い。村中の大小の社堂残らず雨乞いするも雨降らず。猪尻役所より雨乞い祈祷するよう、御酒、灯明... 続きを読む

享保9年の干ばつ

image

享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由... 続きを読む

寛保元年の山火事

寛保元年(1741)、山分(さんぶん)上で山火事、百姓数々追放仰せ付けられる。(小野家記録による) 続きを読む

弘化3年の干ばつ

弘化3年(1846)4月~5月、30日余雨少なく、東の庵にて雨乞い。(「敷太家記録」による) 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、干ばつにつき、宇和島藩領で雨乞いが仰せつけられた。 続きを読む