昭和29年の台風5号・12号・15号

災害年月日
1954年08月18日
市町村
徳島県美馬郡
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和29年(1954)8月18日、台風5号により一宇村は全村各所で山崩れを生じ、県下第一の被害を受けた。その復旧の中、9月13日には台風12号、続いて台風15号により、一宇村祖谷山地方一帯で地すべりが起こった。台風12号の襲来直後の新聞報道によると、一宇村の被害は死者1人、家屋の全半壊24戸、流失4戸等であった。
Googleマップ
参考文献
笠井藍水編「新編美馬郡郷土誌」(美馬郡教育会、1957年)、228-230頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 地すべり 一宇村 死者
NO.
徳島662

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日、台風17号により、穴吹町と一宇村で土砂災害が発生した。また、穴吹町では穴吹川、三谷川が洪水となり、鴨島町の江川では内水... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日、台風20号の襲来で、高知市など10市町村に災害救助法発令、県下の被害額は80億円を突破した。 続きを読む

昭和41年の台風13号

昭和41年(1966)8月15日、台風13号と台風15号の襲来により、高知県は連日の大雨となった。具同の水位は16日2時に6m78cmとなった。後川を... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月13日、台風24号により、貞光川(一宇川)が一宇村赤松で洪水となった。徳島市津田町では園瀬川が氾濫した。鳴門市大麻町では樋殿... 続きを読む

昭和41年の台風13号・15号

昭和41年(1966)8月12日~25日まで、台風13号及び15号の襲来と四国沖で発生した前線のため、大雨が降り続いた。梅雨明けから旱害気味であったの... 続きを読む