昭和43年の端山小学校裏山の地すべり

災害年月日
1968年05月07日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和43年(1968)5月7日朝、旧端山小学校の裏山が幅35m、高さ65mにわたって崩れた。被害は、特に教室と行動の間が大きく、便所と資料室が壊れた。急遽、対策工事が行われ、県営事業として高さ2m、長さ25mのコンクリート擁壁と暗渠、集水路工事が8月に完成した。子供たちは危険を避け、5月20日から9月27日まで、3台のバス送迎により貞光中学校の旧校舎で授業を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町三十年のあゆみ編纂委員会編「貞光町三十年のあゆみ」(貞光町、1988年)、837頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地すべり 端山小学校
NO.
徳島676

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)6月、干ばつにより農作物被害。(徳島気象台の記録による) なお、市場町の干ばつは昭和43年以降一度も発生していない。これは、昭和... 続きを読む

正保元年の井関池の決壊

image

正保元年(1644)8月、井関池が決壊した。井関池はこの年2月に完成したばかりであった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

image

明治26年(1893)、水不足となったが、これまでの水争いに疲れていた新改川沿川の村の人たちは、雨乞いをした。この時に持ち上がったのが甫喜ヶ峰(ほきが... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

image

昭和24年(1949)8月、デラ台風により川内村と北島町を結ぶ中島共栄橋がほとんど破損流失し、交通が途絶した。応急仮工事を施行し、昭和27年には復旧工... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)4月から7月にかけて、讃岐国では約90日間にわたって全く降雨がなく、稲は全滅し、多数の餓死者が出た。領主生駒高俊は伊勢から西嶋八兵... 続きを読む