昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月00日
市町村
徳島県美馬市(美馬町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月、台風5号により、吉野川が大洪水となり、再度、青石潜水橋(延長144mのうち84m)が流失するとともに、各地で道路の決壊、山崩れが起こった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
美馬町史編集委員会編「美馬町史」(美馬町、1989年)、683頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 吉野川 青石潜水橋 山崩れ
NO.
徳島679

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、九州南部から香川県に向けて台風が通過し、各地で山崩れが起こった。古野小学校の流失、宮川地区の家屋流失、床上浸水。この... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、伊野町出来地地区で山崩れが起こった。また、高知市では鏡川、神田川、久万川、紅水川などが17日夕刻から... 続きを読む

昭和25年・26年の台風

昭和25年(1950)、26年(1951)、台風により、山崩れが起こり、増川校の運動場が流失し、校舎の石垣が崩れて教室の床が傾いた。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号の被害が大きく、石畳古橋地区で大規模な山崩れが起こった。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

平成7年の洪水

平成7年(1995)7月4日、肱川で洪水が起こった。このパンフレットには住民等5人の体験談が掲載されるとともに、激特事業の内容が記されている。 続きを読む