嘉永2年の豪雨

災害年月日
1849年00月00日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
嘉永2年(1849)、豪雨があり、七日七夜降り続いたため、東馬場上方の大佐古山で山潮が起こり、丸岡(まろおか)に向かって走り、幅8軒(14m余)にわたり畑が押し流されたと言われる。
Googleマップ
参考文献
馬場小誌編集委員会編「馬場小誌」(馬場小誌編集委員会、1998年)、21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 大佐古山 山潮
NO.
徳島724

よく似た災害

嘉永4年の酉の大水

嘉永4年(1851)、酉の水は阿房水と称した位で、水嵩も深く被害も多かったと言われている。(川内村「中財熊雄氏所蔵文書」による) 続きを読む

嘉永4年の酉の大水

嘉永4年(1851)、酉の水は阿房水と称した位で、水嵩も深く被害も多かったと言われている。(川内村「中財熊雄氏所蔵文書」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1949)7月8日、吉野川下流の徳島では雨が降っていないのに上流の土佐に豪雨があり、死者250人の大洪水が発生した。「酉の水」または「阿呆水... 続きを読む

昭和41年8月の豪雨

昭和41年(1966)8月13日~15日にわたり、県南部に豪雨があったが、海岸地帯が中心だったため、増水による下流への影響は少なかった。 続きを読む

嘉永2年~5年の風雨

嘉永2年(1849)から5年(1852)にかけて、毎年大風雨があった。嘉永5年は「子の大水」と言われた。 続きを読む