文政12年の洪水

災害年月日
1829年00月00日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
文政12年(1829)、馬路川で大洪水。この大洪水を「丑年大流れ」と言い伝えている。口碑によれば、七日七夜降り続き所々に山津波が起こり、馬路川の井堰は悉く決壊し、翌春は若鮎が佐野まで遡上した。この洪水は佐野の庄屋の石垣を浸した。(「馬路川洪患志」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
池田町史編纂委員会編「池田町史 上巻」(池田町、1983年)、970頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 馬路川 丑年大流れ 山津波 馬路川洪患志
NO.
徳島725

よく似た災害

慶応2年の台風

慶応2年(1866)、馬路川で大洪水。佐野で数戸が流失した。馬路川の井堰は悉く流れて、翌春に若鮎が佐野まで遡上した。(「馬路川洪患志」による) 続きを読む

文政12年の洪水

文政12年(1829)、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、「口碑によれば七日七夜降りつづき、処々に山津波が起こり馬路川の井堰はことごとく決壊し翌... 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、馬路川で大洪水。これを「寅年の大洪水」と言い伝えている。洪水により白地馬谷の土砂が北名の数戸を埋め、水路は北名の北端を迂回して... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、馬路川で大洪水。(「馬路川洪患志」による) 続きを読む

宝暦6年の洪水

宝暦6年(1756)、馬路川で大洪水。(「馬路川洪患志」による) 続きを読む