明治20年の台風

災害年月日
1887年08月19日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治20年(1887)8月19日、暴風雨は2日間にわたり、40年目の大洪水になり、三好郡内の各所で被害が多く出て、三縄村でも山崩れなどが起こった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三縄村史編集委員会編「三縄村史」(三縄村史編集委員会、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 山崩れ
NO.
徳島732

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風(台風15号)により、三好郡の山狭地帯、特に山城谷、祖谷などでは突風があり、住家の倒壊、人の死傷... 続きを読む

昭和26年10月の台風

昭和26年(1951)10月17日、台風により、山城谷村と三縄村を中心に被害が出た。三縄村では民家のほか、役場隣の公会堂が倒壊し、仙石橋、山貝橋(いず... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、九州南部から香川県に向けて台風が通過し、各地で山崩れが起こった。古野小学校の流失、宮川地区の家屋流失、床上浸水。この... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、台風17号により9月8日から13日に至る6日間の降雨量は457.5ミリという集中豪雨となり、町内の各所でため池の決壊、道路の損... 続きを読む

昭和13年9月の洪水

昭和13年(1938)9月5日、大暴風により、古川が氾濫し、村内各所で水害が起こった。水稲の被害は、4割減収15町歩、2割以下減収397町6反歩に達し... 続きを読む