大正2年の干ばつ

災害年月日
1913年06月00日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)6月以来、約100日間降雨がなく、各地で雨乞いを行った。50年来の大干ばつという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三縄村史編集委員会編「三縄村史」(三縄村史編集委員会、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い
NO.
徳島734

よく似た災害

仁和3年の干ばつ

image

仁和3年(887)、讃岐で大干ばつとなり、道真が城山で雨乞いを行った。(災害年表) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月15日から8月23日にかけて、小雨が2回あっただけで、飲料水にも事欠くものが多かった。8月2日より3日間総雨乞いを行い、8月1... 続きを読む

大正12年の干ばつ

image

大正12年(1923)、大干ばつのため、大山祗神社で千人踊りの雨乞いを行った。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月24日から8月17日まで干ばつ。8月15日には淵崎皇踏山、豊島、四方指、星ヶ城の5箇所で、全島連合大焚火雨乞いを行った。麦作... 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)、干ばつにより雨乞いを行った。 続きを読む