昭和26年のルース台風

災害年月日
1951年09月15日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和26年(1951)9月15日、ルース台風により、夜半から風が強くなり、一時は風速40mを超えていた。夜が明けると、樹木は倒れ、山は崩れ、人家は倒れ、死人が出るなど悲惨であった。被害は死者が大利で1人、倒家は大利で6戸、中西で4戸、漆川、川崎、松尾で各1戸であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三縄村史編集委員会編「三縄村史」(三縄村史編集委員会、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
ルース台風 死者 山崩れ
NO.
徳島738

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月16日、ルース台風が来襲し、旧塩田南堤防が決壊するなど、被害は甚大であった。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月8日、ルース台風が四国の西方を通過した。死者が出るなど、被害が大きかった。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月15日、ルース台風により、井内谷村では倒家多く、相当の被害があった。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日午後9時頃、ルース台風により暴風雨となり、10時半~11時頃に最高潮に達した。喜須来村では、家屋の全壊9戸、半壊20... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日午後9時頃、ルース台風により暴風雨となり、10時半~11時頃に最高潮に達した。喜須来村では、家屋の全壊9戸、半壊20... 続きを読む