安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日巳の上刻(午前10時過ぎ)、大地震あり。5日7ツ時(午後4時~5時)かなり揺り出し、5ツ半(午後9時)に前代未聞の大地震となり、人々は戸外に走り出て、火の片付けをするものもあった。家は揺るぎ、寺の鐘は樹木に突き当たり自然に鳴り出し、小便溜まりは庭にあふれ、御神酒徳利は神棚から落ち、樹木は地を払い、鳥も空を飛ぶことができずという有様で、上方に山を負う家は石の転落を恐れ、山上に逃げたり、竹やぶに避難したりしたという。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿佐宇治郎編「井内谷村誌」(井内谷村、1953年)、516頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震
NO.
徳島739

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日巳の上刻(午前10時過ぎ)地震が起こったので、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをしたりしたが、煙草を5、6服... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝、大地震が起こり、その日は大震、小震が続いた。5日七ツ時(午後4時頃)には大震動となり、夜五ツ半(午後9時頃)には最も... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時頃、大地震が発生した。午後5時頃から大津波が打ち寄せ、人々は山辺の藪地に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前10時地震が発生し、半時ばかり西より東に揺ること尋常一様ではなかったが、5日午前4時一大地震揺出して西南の方より天は... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震と大津波があった。津波は川伝いに小山の上手、浪切不動の辺りまで寄せたという。当時を知る人が残した話では、中里・木... 続きを読む