明治20年の山崩れ

災害年月日
1887年10月07日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治20年(1887)10月7日、末家(ずや)の山林約6町歩が崩壊し、杉その他の樹木が横倒れのまま井内谷に流れ出て、そのため谷水を堰き止め、田地にあふれ人家に浸入した。村吏と有志が排水に努め、しばらくして堰が切れ泥水が流出したので事なきを得た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿佐宇治郎編「井内谷村誌」(井内谷村、1953年)、518-519頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山崩れ 末家 堰き止め
NO.
徳島741

よく似た災害

享保7年の大雨

享保7年(1722)6月~8月、しばしば大雨があり、稲作を傷つけ、人家を漂流した。阿波国で漂流した人家は430余戸。 続きを読む

明治25年の山崩れ

明治25年(1892)7月23日、福原村田野々の葛又山(こずまたやま)の崩壊により、棚野村では三渓字上川原堤防、豊毛本(ほけもと)堤防、天狗嶽井堰、庚... 続きを読む

安政4年の山崩れ

安政4年(1857)、20日近く雨天が続いた後、7月1日に大雨が降り、所谷の南上の山が崩れて山潮が吹いた。戸櫃の高さ(約1m)まで濁流が来たことを示す... 続きを読む

明治21年の山崩れ

image

明治21年(1888)、神宮寺からの山水が地層にしみ込んで大亀裂を始めた。神宮寺の半鐘が鳴って、大勢が集合して防御工事をしたため、大事には至らなかった... 続きを読む

昭和3年の山火事

昭和3年(1928)2月25日、吉良川で焼失面積700町歩の山火事が発生。村民総出動で消火に努め、26日に鎮火した。 続きを読む