昭和5年の干ばつ

災害年月日
1930年00月00日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
渇水  
概要
昭和5年(1930)、降雨量が少なく、飲料水が欠乏し、安田名は三樫尾谷より竹百束以上の筧により取水するに至った。しかし、稲作、煙草作は大豊作であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿佐宇治郎編「井内谷村誌」(井内谷村、1953年)、522頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島747

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月24日より8月17日まで干ばつ。8月15日、全島連合大焚火雨乞いをした。17日になってようやく降雨のため、麦作は10年来の豊... 続きを読む

平成6年の干ばつ

image

平成6年(1994)夏は、空梅雨と猛暑により深刻な水不足に見舞われた。6月29日に池田ダムから香川用水への供給量を30%削減する第一次取水制限、7月8... 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)、大干ばつに見舞われ、重信川左岸で上麻生村(大洲領)・下麻生村(新谷領)の両村と下流に位置する徳丸村・出作村・南神崎村・上野村(松... 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)7月23日~8月27日まで、60年来といわれる大干ばつに見舞われた。畑作中で雑穀は収穫皆無に近い状態であったが、大部分を占める甘... 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日~9月19日、干ばつにより、稲作その他全般に水不足に悩まされ、甘藷は不作であった。 続きを読む