昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、剣山周辺で800ミリを超す大雨になったため、吉野川水系の被害総額は昭和51年の台風17号に次ぐ大被害となった。大具の駐車場500㎡流失、道路51箇所土砂崩れなどで、井川町の被害は9,000万円に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
井川町史編集委員会編「井川町史」(井川町、2006年)、303頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 土砂崩れ
NO.
徳島751

よく似た災害

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、暴風雨により、稲作の白穂被害がほぼ平島村の全村にわたった。明治17年(1884)の暴風雨による白穂被害に次ぐ大被害となり... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、池田上流域では雨は少なかったが、岩津の洪水流量は13,900立米/秒となった。剣山周辺で800ミリを... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号が襲来し、豊予海峡を北上したため、四万十川は昭和10年に次ぐ大洪水となった。東津野村、大野見村では1,000ミ... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日1時30分頃、台風6号が徳島県の蒲生田岬をかすめて徳島東岸、淡路島沿いに進み、5時30分に神戸市西海岸に上陸した。岩津... 続きを読む

昭和12年の洪水

昭和12年(1937)、洪水により、古町、新町、農人町等の金生川堤防が決壊し、山下町、鉄砲町、新町等は堤防上を越えた浸水に見舞われて多大の被害を受けた... 続きを読む