昭和25年・26年の台風

災害年月日
1950年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和25年(1950)、26年(1951)、台風により、山崩れが起こり、増川校の運動場が流失し、校舎の石垣が崩れて教室の床が傾いた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、99頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島761

よく似た災害

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)、地震のため、松山城の石垣が崩れた。 続きを読む

天保15年の高潮

天保15年(1844)9月2日、高潮により、大下で開発中の新畑沖土手の石垣13間余が崩れ、庄屋の土地3畝余ほかが流失した。 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月5日、宇和郡の地大に震う。(「郡鑑覚書」による)宇和島城の石垣が崩れる。 続きを読む

元禄2年5月20日の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋の口の石垣が崩れた。(「伊予風水害小史(力石本家譜)」による) 続きを読む

昭和18年の大雨

昭和18年(1943)7月、大雨が数日降り続き、僧都川の堤防が城辺地区で2箇所大きく決壊し、御荘町でも観栄橋付近で土手が崩れ、和口橋や観栄橋も流失し、... 続きを読む