昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年04月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)4月中旬から8月にかけて、130日ほど雨らしい雨がなかったと伝えられている。(新聞記事による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、751頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島769

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む

弘化2年の干ばつ

弘化2年(1845)、干ばつにより、祝井の百姓は広見川上に延長96間の樋をかけ、延野々の落垂水を受けて田に入れたと伝えられている。(「明治村誌」、「毛... 続きを読む

弘化2年の干ばつ

弘化2年(1845)、干ばつにより、祝井の百姓は広見川上に延長96間の樋をかけ、延野々の落垂水を受けて田に入れたと伝えられている。(「明治村誌」、「毛... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む