大正元年の台風

災害年月日
1912年08月24日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)8月24日、暴風雨により、中庄山路で山崩れのため、家屋の全半壊155戸、死者1人の被害が出た。(曽我部房一談による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1039頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 中庄 山崩れ 死者
NO.
徳島779

よく似た災害

大正7年の豪雨

大正7年(1918)7月24日、豪雨により、家屋の全壊4棟、半壊1棟。(曽我部房一談による) 続きを読む

大正4年の豪雨

大正4年(1915)8月28日午後11時、豪雨のため、中庄山路で山崩れあり、家屋の全壊8棟、半壊12棟、埋没1棟に及んだ。(曽我部房一談による) 続きを読む

大正11年の旋風

大正11年(1922)8月2日、三野町清水で旋風が起こり、家屋の全壊13棟、半壊8棟、死者2人、負傷者10人の被害が出た。 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月、台風19号が襲来し、死者1名、家屋の全半壊12戸、床上浸水31戸、床下浸水158戸の被害が出た。 続きを読む

大正元年の台風

image

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての台風は、豪雨による河川の増水、氾濫による洪水被害が甚大であった。一宮では、家屋の浸水、田畑の流失など... 続きを読む