昭和24年の集中豪雨

災害年月日
1949年07月30日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和24年(1949)7月30日午後11時から翌31日午前4時過ぎまで約5時間にわたる豪雨により、降雨量は600ミリ以上に及び、河川や谷々、山道などを奔流が下り、山津波を誘発するなどして、大被害をもたらした。被害は、加茂村で負傷者3人、住家の全壊2戸、半壊7戸、床上浸水27戸、床下浸水500戸、田畑の流失・埋没3町2段、冠水107町歩等に、三庄村では死者10人、負傷者9人、牛死亡3頭、住家の全壊15戸、半壊15戸、田畑の流失・埋没45町2反、土砂流入93町8反、鉄道の埋没・流失7箇所等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1040-1043頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 山津波 加茂村 三庄村 死者
NO.
徳島781

よく似た災害

昭和38年の集中豪雨

昭和38年(1963)8月9日、台風9号に伴う集中豪雨により、日向谷及び父野川の奥地が被害を受けた。特に父野川節安地域では山崩れ、崖崩れが各地で起こり... 続きを読む

昭和38年の集中豪雨

昭和38年(1963)8月9日、台風9号に伴う集中豪雨により、日向谷及び父野川の奥地が被害を受けた。特に父野川節安地域では山崩れ、崖崩れが各地で起こり... 続きを読む

昭和40年の集中豪雨

昭和40年(1965)9月10日、集中豪雨により、森庄川沿いの30数戸が床上・床下浸水し、田畑の冠水、2つの橋の流失などの被害が出た。 続きを読む

昭和24年の集中豪雨

昭和24年(1949)7月24日、集中豪雨により、本篠川の堤防が決壊し、家屋の一部流失や半壊、浸水11戸、田畑流失約2反、土石流1町歩、浸水田畑約3町... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日午前8時30分から翌9日午前8時30分まで、今治市を中心に集中豪雨があり、菊間小学校で149ミリを記録した。この集中豪雨... 続きを読む