昭和2年の干ばつ

災害年月日
1927年00月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
渇水  
概要
昭和2年(1927)、三野町で雨降らず、雨乞い。7月に阿波郡から人形芝居を雇い「天神記」の上演を行ったところ、3日後に雨が降り出したということである。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い
NO.
徳島793

よく似た災害

大正10年の干ばつ

大正10年(1921)5月から7月までの約60日間、降雨がなく、日照り続きであった。稲の植え付けは済ませたものの、その後に雨がなかったため、あちらこち... 続きを読む

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、干ばつ。国司菅原道真が城山神社で7日7夜の断食で雨乞いの祈願をした。満願の日になって、雷鳴とともに雨が降り出し、3日3晩にわたっ... 続きを読む

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)、大いに干す。菅原道真が斎戒沐浴して雨を城山の祠に祈ったところ、雨天となって民庶蘇生したという。(「香川県史(旧)」による) 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月初めから照り出し、15日に田の植え付け5分通り終わり、あとは降雨待ちとなる。18日辰の刻から大川神社で郡の雨乞い祈願を行う。天... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月以来、約100日間降雨がなく、各地で雨乞いを行った。50年来の大干ばつという。 続きを読む