昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、干ばつ。徳島県下の干害地は7,940町歩であり、三好郡の干害地は1,010町4反であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島794

よく似た災害

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)、干ばつ。県下の干害状況は8月17日現在で、干害面積4,748ha、田の亀裂4,431ha、枯死状態317ha、収穫見込みなきもの... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月中の降雨量が平年の3分の1で、6月極端に少なく、田植え時期になっても、用水不足のため植え付け不能が続出した。8月20日現在で植... 続きを読む

昭和23年の干ばつ

昭和23年(1948)7月~8月、干ばつにより、県下の水稲植付け不能面積は約2,480ha、被害数量約33,660余石であった。水稲の植付不能地には甘... 続きを読む

元禄10年の干ばつ

image

元禄10年(1697)から、綾南町では連続した干害があり、元禄14年(1701)には270人が餓死しそうになったという。この干害は、久保太郎右衛門が萱... 続きを読む

昭和13年4月の地震

昭和13年(1938)4月1日午後10時40分頃、三好郡三野町付近を中心に地震があり、脇町付近の震度は4であった。 続きを読む