昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震が起こった。時計が止まり、停電した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、635頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
徳島795

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震があった。時計は止まり、電灯が消えた。勝浦、那賀、海部地方の海岸では津波を伴い被害が大きかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海大地震により、海部・那賀両郡地方では津波被害が特に甚だしかった。本村では、戸外に飛び出した者も... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こり、津波が襲来して原町、新町は全町浸水した。須崎駅辺りでは火災も起こった。この記録には、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こり、津波が襲来して原町、新町は全町浸水した。須崎駅辺りでは火災も起こった。この記録には、... 続きを読む

明治39年の地震

明治39年(1906)5月22日、瀬戸内海中部を震源とする地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出るなどした。家屋はひどく揺れたが、... 続きを読む