大正2年の干ばつ

災害年月日
1913年00月00日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)夏、80日間一滴の雨もなく、60年目の大旱と称せられた。
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島819

よく似た災害

大正9年の干ばつ

大正9年(1920)5月13日から7月14日まで一滴の雨も降らず、8月から9月にも46日間雨がなく、大干ばつ。 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)、84日間一滴の雨も降らず、農作物は枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)旧5月より6月24日まで一滴の雨もなく、夏秋作物の植え付けは不可能になるだけでなく、既に植え付けた作物は皆枯死した。特に三名村の... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日~8日の大暴風、洪水により、濁水が新川や吉田川などの堤防を決壊し、付近の田畑は三昼夜にわたって冠水し、稲穂に大きな被害を与... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月15日から8月23日にかけて、小雨が2回あっただけで、飲料水にも事欠くものが多かった。8月2日より3日間総雨乞いを行い、8月1... 続きを読む