明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)夏、雨がなく日照り続きであった。三名村では甘藷、とうもろこし、きび類頭が実らず枯死した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
田村正編「三名村史」(山城町、1968年)、670頁及び672頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島827

よく似た災害

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月20日~8月16日、優勢な太平洋高気圧におおわれて全国的に日照りが続いた。特に西日本がひどく、本県では36年ぶりの干天となっ... 続きを読む

昭和18年9月の豪雨

昭和18年(1943)9月20日、豪雨のため、7月23日にも劣らぬ大洪水となった。被害は居宅倒壊1戸、非居宅倒壊3戸、牛1頭即死、井堰流失4箇所、畑流... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、50日間雨が降らず、多くの水稲が枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、50日間雨が降らず、村の穀倉地帯の水田は亀裂を生じ、水稲の3割が枯死した。 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)、84日間一滴の雨も降らず、農作物は枯死した。 続きを読む